失敗しない結婚式のお祝い電報

結婚式の電報は、式に出席しない人が贈るお祝いのメッセージです。
メッセージを贈るにあたって注意が必要な事があります。
宛名ですが、新郎新婦両名が好ましいですがお付き合いの状況やメッセージの内容によりどちらか片方の場合があり、新婦の名前は旧姓にします。
メッセージの中に忌み言葉(切れる、別れる、離れる、戻る等々)や、重ね言葉(後々、度々、重ね重ね等々)は使わないで下さい。
理由は、忌み言葉は別れを連想させ重ね言葉は再婚を連想させるからです。
そして、披露宴で紹介される事がありますので文末には自分の名前を入れておきましょう。
宛名、メッセージ、送り主で電報は完成です。
祝電を贈る方の中には、少しうけを狙って面白い内容のものを贈る方がいますが、そのようなものを贈る時には新郎新婦や両家親族を傷つけてしまうものにならないように慎重に文章を考え贈って下さい。
お祝いの席で間違えがあったら完成したら送り先ですが、挙式や、披露宴会場宛に送ります。
その時に、両家の姓を新郎新婦の名前を間違えないようにしましょう。

バルーンショップで女子のハートをゲット
ネームを風船の中に入れられるので、特別な思いを込めて楽しませることができます。

ブライダルエステ 福岡

ウェディングドレス レンタル

二次会代行

結婚式 プロフィールムービー