結婚電報の送り方色々

結婚式の電報は、式に欠席した人が新郎や新婦へ送るお祝いのメッセージです。
現代では台紙を使うものや、ぬいぐるみやバルーンなどと一緒に送るものがあります。
電報のサービスは当日に申し込みしてもOKなところもありますが、万が一間違いがあってはいけないので早目に準備し次の事に注意して送りましょう。
1、結婚式の祝電に使わないほうがいい言葉「忌み言葉」「切れる」「別れる」「戻る」「戻す」「離れる」「重ね重ね」「たびたび」「しばしば」「再び」などは使わないことです。
2、送るタイミングと手配の方法、開始1時間前にまでに届くようにしましょう。
一般的にお祝い電報は「披露宴」の歓談の最中に司会者から読み上げられるのが一般的です。
基本的には、披露宴の始まる1時間前までには届くように手配しましょう。
また披露宴の日程が前もってわかっているのなら、早めに手配しておくと良いでしょう。
また配達日の1ヶ月前から申し込みができ、割引があるところもあるみたいです。