結婚式の電報について

結婚式の電報は、当日の式に参加できない人が新郎新婦にお祝いのメッセージを送ることであり、その方法は台紙て送ったり、ぬいぐるみやバルーンと一緒に送ったりすることができます。
電報は当日申し込みでも大丈夫なところもありますが、式の開始1時間前までには届くようにします。
また、上司や親戚、友だちの結婚式で言葉の間違いなどの失礼がないようにしなければいけません。
なので、早めの準備をおすすめします。
お祝いのメッセージなので、「別れ」や「戻る」など別れを連想させる言葉や、「たびたび」や「重ね重ね」など再婚を連想させる言葉は避けましょう。
送る相手がどんなに近しい人であっても相手に失礼のないように音葉を選びましょう。
電報の送り先は、披露宴や結婚式の会場の住所なので、事前に確認しておきます。
電話で申し込みができるので、送るメッセージの内容を事前に決めておくとスムーズに申し込めます。
サプライズにもなるので、ぜひ利用してみてください。